So-net無料ブログ作成

ゼノブレイドはFFよりムービーゲーだ。 [雑記]

 ・・・と、前回叫んだ自分です。(^^;

Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)

Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: Video Game

  現在、70時間ぐらいやってますが、クエストやりまくりなのでまだ中盤ぐらいでしょうか。
 広大で美しいフィールドは、どこのエリアまでいってもやっぱり広大で美しいのですが、イベントシーンを見るたびに、「ゼノブレイドって、FF12はもちろん、FF10よりもムービーゲーだよなー。」と思ってます。
(FF13はやってないからわからないけど)

 以下理由を長々と・・・


・一本あたりのムービーが長く、やや冗長
 FFの感覚だと、それぞれのムービーが「終わり」と感じてからもう1,2シーン「余計に」ある感じです。やりとりを丁寧に描くのは悪いことではないけど、抑揚に欠けて展開のテンポが遅い印象。
 ムービー以外でも、会話シーンのセリフのやりとりが必要以上に多くて、しまりが無い感じがします。

・物語の本筋がイベントムービーでしか描かれない。
 フィールドをどんなに動きまわってもサブ要素しかなく、物語の本筋にはまったく絡みません。住人との会話は住人の生活は描き出すけど、本筋とは関わらない普遍的なエピソードです。物語はあくまでも「次のイベントムービー」を開けることで描かれます。
 そのため、「自由に動きまわるほど物語のテンポや雰囲気が壊れやすい」という自由度の高いRPGの持つ副作用が、まったく解決されていません。
 
そのマイナスを自衛しようと寄り道を控えると、益々ムービーからムービーを渡るムービーゲーな印象になってしまう・・・。

・主人公が寄り道をしたくなる「逆バネ」要素がない。

 自由に喜びを感じるのは、不自由があるから、
 広さに喜びを感じるのは、閉塞感があるから、
 風景に驚くのは、見慣れてないから、
 知りたくなるのは、まだ無知だから、
 確かめたくなるのは、疑いがあるから、
 探索したくなるのは、そこに謎があるから、

 「押すなよ!絶対に押すなよ!」と上島竜兵が言えば押さずにはいられないようにw、こういった逆バネとなる要素があれば、特に本筋の物語が絡んでなくてもプレーヤーは寄り道(探索)したくなるし、それによって主人公との一体感も失わずにいられます。
 でも、ゼノブレの場合、
 主人公は特に不自由な境遇ではなく、
 「行くな」「引っ込んでろ」と押し込められることもなく、
 広大なフィールドにも、見慣れていて驚くこともなく、
 世界について既に知識があって、そのことに疑いも持っておらず、
 探究心と好奇心は強くても、そのために大事な目的をほっぽり出す無責任さもない。

 謎なのは「顔つき機神兵」と「モナド」の正体であって、これはフィールドを探索しても解決しません。
 こうなると、探索に寄り道するほど本筋や主人公像とそぐわず、かえって物語を乱しているような気分になります。物語に沿ってさっさと目的地から目的地へ進まなきゃ・・・となると、やっぱりムービーからムービーをたどるゲームになってしまう・・・orz

 一方、FF12のヴァンは尽くこの逆バネを備えた境遇・性格に設定されてるんだよな。

・ボスバトルの締めがいつもムービー
 「HP0」になった後のおまけではありますが、最後にキャラ達が派手に攻撃するシーンが入ったうえでボスが倒れます。倒れるところだけムービーならともかく、こちらが攻撃してトドメを刺すところまでムービーなので、プレーヤーが倒した感じがしません。美味しいところを作り手が一方的に取り上げた感じがします。
 ・・・ボスのトドメまでムービーなんて、鳥山FFですらやったことがないのでは?(--;
 自分は、倒した達成感と快感が欲しいのであって、格好だけのムービーが観たいわけではないです。



 ・・・・あぁやっぱ書き方が堅苦しくてキツイ感じになっちゃったなー。(^^;
 「ゼノだからムービーだらけは当たり前」と言われそうだけど、「ソーマブリンガー」は「FF12RW」や「ASH」と違って無理に高画質なムービーを入れてバランスを壊すことがなかったから、こんなにムービー頼みな物語の描き方になるとは思わなかったんですよねー。

 好きにバトルが回避できるシームレスバトルに、従来の「イベントムービーに従って一本道に辿るRPG」の物語構造をそのまま持ち込むと、かえってイベントからイベントへと辿りやすくなり、(そしてバトルの締めもムービーなので)、ムービーばかりで物語を描いている感覚が余計に強くなってしまうのだ、と思いました。


 でも楽しめてないわけじゃないんですよ。本当に。
 マップはかたっぱしから雑巾掛けして、たっぷりクエやって、もう70時間ぐらいになってるし。面白くなかったら山ほど積んでる他のゲームやりますw

 でも、フィールドをワープで跳び回りながら、適度にバトルして、美しい遠景を眺めて喜んで、あとはムービーで物語を見る、というスタイルが最適なのであれば、広大なシームレスフィールドを苦労して作る必要がどこにあるんだろう?

 その労力をキャラグラの充実に回したほうが、この作品には向いているんじゃないか。
 自分はそう感じながらプレイしています。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。