So-net無料ブログ作成
検索選択
どーでもいい深読み ブログトップ

指輪を巡る出生の秘密 [どーでもいい深読み]

レックスが中指にしていた指輪。亡くなった後ヴァンが手にするシーンがあるけれど・・・その後まったく触れられませんでした。
明らかにボツッたエピソードの名残なんでしょうね。(^^;
じゃあ、果たしてボツッたエピソードってどんなんだったんだろう?

・・・ということで、指輪を巡るヴァンとアーシェとレックスの出生の秘密について深読み。

続きを読む


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:ゲーム

誰が「この物語の主人公」か。 [どーでもいい深読み]

 う・・・すっかり忘れてた。
 自力ノベライズ、目の前に迫った王宮宝物庫にはボスクラスの難敵が。それは・・・

 バルフレアの「この物語の主人公さ」発言。

 初対面でこんな事言ったら、言われた奴は、「この人・・・頭おかしいんじゃないか?」と、思うだろ普通。(--;
 それはマズイ。絶対マズイ。・・・さあ、どうしよう?
 どうするかは今は置いといて、この「主人公発言」について自分が思うこと。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:ゲーム

モーグリ6兄弟の順番を考える [どーでもいい深読み]

 モーグリ好きの自分。ノベルでもノノや兄弟達の出番をゲームより多くする予定。
 だが、そこで困った。ノノは兄弟の何番目なんだ?
 決めとかないと「弟」とか「兄ちゃん」とか書きようがないじゃないか。
 ・・・ということで、実際の順番はどうなのか、自分なりに考えてみた。(ただしΩは未読)

 シナリオアルティマニアの解説は「モンブラン、ノノ、ソルベ、ホルン、ハーディ、ガーディ」の順に並んでいるが、この順番に生まれたかは分からない。
 確定していることは、
 ・モンブランは長男
 ・ソルベには手先の器用な弟がいる。=ソルベは末弟ではない。
 ・ソルベは一つのセリフの中で、「手先の器用な弟」のことは「弟」と呼び、ハーディのことは「ハーディ」と呼んでいる。

 ・・・これだけ。(多分)
 後は、深読みとこじつけで推測、というより勝手に決めるしかない。
 何かヒントになるものはないかと、まずは名前の元ネタを推測してみる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:ゲーム

ダラン爺の過去を推理する [どーでもいい深読み]

 ひっさびさにFF12をプレイ。トマト狩りから始めて、パンネロとギーザ草原を走り回ってきました。
 ・・・しまった、トマトのいる木、1本じゃなくて2本じゃないか。ミスった。(--;;;;
 ギーザラビットに手を出したら、ハイエナの群れの中に誘い込まれて死ぬ目にあった。
 可愛い顔してタチ悪い兎だわ~w

 さて、シナリオ面での今回の注目キャラ:ダラン爺。
 この爺さん、以前の経歴がゲームにもアルティマニアにも出てこない、謎の人。
 王宮の秘密の通路を知ってるのもスゴイjけど、それをヴァンごときにサラリと教えるのが凄過ぎw
 まあ、あっさり教える大らかさは「ゲームのお約束」で済ませていい気もするけど、秘密の通路を知ってて解放軍にも顔が利いて、そのくせ解放軍自体には手を貸さない。

 一体あんた何者?

 前から色々考えてたのは、先々代の騎士団長とか王宮付きの偉大な魔法使いとか、王宮を立てた(修理担当の)大工の棟梁wとか。
 でも、魔法使いは爺でも現役可能なのに戦う気配がないから×。
 ガテン系にも見えないので棟梁説も×。(^^;
 ダルマスカ騎士団にいた場合、バッシュもアーシェも顔を知らないようなので、最低でも17年ぐらい前に王宮を出たということになり、その理由が謎。
 ってか、体を張る商売で生きてきたしてた人にも見えないしw

 ・・・んで、今日プレイしてて気づいたんだ。
 ヴァンが王宮への秘密の通路のことを尋ねているシーンで、何故か途中でカメラが1冊の「本」をズームするんだ。

 何の本なんだろう?

 表紙の模様からして、この本は「セーブ画面に描かれている本」なんじゃないかという気がする。
 ゲームの流れではセーブ画面の本は「侯爵の回顧録」のように感じるけど、内容の不自然さや途中で消えてしまうところからして、回顧録がセーブ画面に使われるのは、絶対に不自然。
 回顧録の内容って、後任さんが書いたと確定している「ヴェインの演説」とやたら被っているので、これも後任さんが書いたものだと思うんだ。
 回顧録という設定自体、当初からあったのか、果てしなく怪しい。

 当初の設定では侯爵の回顧録という設定は無くて、ダラン爺が物語の語り部になる予定だったんじゃないかな。
 んで、爺さんのフルネームには「デュライ」がつくんだ。

 だとすると、この爺さんの過去の職業はやっぱ歴史学者なのかな。
 だったらイヴァリースの昔も今も色んなことを知っててもおかしくない。
 ガルテア時代の建築物も含めて研究していたなら、王宮の秘密の通路を知っててもおかしくない。
 年寄りの学者なら、解放軍に権威や協力する意思があっても実働戦力にはなれない。
 ・・・お、バッチリじゃないか。

 旅の途中、旅が終わって、ヴァンとパンネロが語った冒険を、ダラン爺が記録する。
 でも、他のキャラの立場上、(というか、イヴァリースの安定のため)その内容は公表されることはない。
 (なんせセレブでVIPなキャラばかりだからなw)
 ヴァン達の冒険は、語られざる歴史の裏のお話。
 ・・・おー、益々バッチリじゃないか。

 うん、決定。うちのダラン爺の正体は、歴史学者のデュライさんってことにしておこうw


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:ゲーム
どーでもいい深読み ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。